サイト内検索

VBA基礎 基本

VBA開発効率向上に必須の機能を備えた開発タブの表示方法

VBAをショートカットキーで実行させる設定など、VBAをコーディングする上で、大変便利な「開発」メニューの表示の仕方と、付随するリボンの代表的な使い方をご紹介します。

VBAで集計業務をこれから始めようとする方の場合、Excel画面の上部メニュー画面は下の図のように、「開発」というメニューが無いのではと思います。

Excel開発タブメニューが無い状態
「開発」メニューがない

これからVBAで集計業務をする上で、「開発」タブが表示されている方が便利ですので、この記事では、「開発」タブの表示方法についてお話ししたいと思います。

開発メニューを表示させる

まずは前の図の「ファイル」メニューをクリックしてください。すると、次のようなバックステージビューが表示されますので、続けて左下にある「オプション」をクリックしてください。

Excelバックステージビューのオプションを選択
バックステージビューのオプションをクリック!

すると、次のようにExcelのオプション画面が開きますので、図が示す手順にそって進めてください。

リボンのユーザ設定から開発にチェックを入れる
Excelのオプション画面設定手順

設定が終わりましたら、開発メニューが表示されていることを確認してください。開発メニューをクリックすると、下のような開発リボンが表示されます。

Excelメニューに開発タブが表示される
開発リボン

開発リボン

開発リボンにはいろいろなメニューがありますが、今回は集計業務でよく使う「Visual Basic」と「マクロ」メニューについて補足したいと思います。

Visual Basic

このメニュー(下図赤枠)ですが、実はこれをクリックすると、もう既に何度かご覧いただいているVBE画面が開きます。試しにクリックしてみてください。

開発メニューのVisual Basicをクリック
Visual Basic メニュー

VBEを開いた状態は、割愛させて頂きますが、ちゃんとVBEが開いたのではと思います。VBE画面の開き方として、既にお伝えしている「Alt」+「F11」キー同時押しと一緒に覚えておいてくださいね。

マクロ

続いて先の「Visual Basic」メニューの隣にある「マクロ」メニューをクリックしてみてください。

マクロウィンドウ画面のプロシージャ名確認
マクロボタンクリック後

この画面ではすべての説明はせずに、番号のついたものだけを取り上げて補足しますね。

マクロメニュー
マクロメニュー

①には、作られたプロシージャの一覧が表示されます。このサンプルでは、「サンプルプロシージャ」、「サンプルプロシージャ2」という2つのプロシージャがリスト表示されています。

Tips
プロシージャについてはこちら

またここに表示されるプロシージャは、「Sub」で始まるパブリックプロシージャであり、「Private Sub」で始まるプロシージャは表示されません。

②は、①で選択したプロシージャを実行するためのボタンになります。既にお伝えしているVBE画面からVBAを実行する方法とは別の方法になります。

③は、①で選択したプロシージャを編集するときのメニューになります。クリックすると、VBE画面が開き選択したプロシージャを編集できるようになります。

次に④をクリックしてみてください。下図のようなマクロオプション画面が開きます。

マクロウィンドウ画面でプロシージャ実行ショートカット設定
オプションボタンクリック後

このマクロオプション画面では、プロシージャを実行させるためのショートカットを割り当てることができます。これにより、VBE画面を表示させて、目的のプロシージャにカーソルを合わせて実行する代わりに、Excel画面からここで設定したショートカットだけで目的のプロシージャを実行できます。

開発段階で何度もコーデイングとデバッグを繰り返す必要のあるプロシージャを登録しておけば、開発効率向上になりますよね。

まとめ

VBAコードの開発をする上で便利な「開発タブ」について紹介しました。経験上、よく使う機能としてはショートカット機能です。Ctrlキーと任意の文字をキー入力するだけで、VBAコードを簡単に実行できる機能は、コード開発効率を上げてくれます。

設定もとても簡単ですので、もしいまExcelのメニュー画面に「開発」メニューがない場合は、本記事を参考にして設定してみてくださいね。

[スポンサーリンク]



サイト内検索

-VBA基礎, 基本
-

Copyright© 集計用VBAサンプルコードをやさしく学ぼう , 2020 All Rights Reserved.