VBAで複数のブックやシートを扱う際に重要なオブジェクト管理

VBA集計業務では、複数シートや複数ブックを同時に扱うことが多いです。そのためには、VBAコード内で処理する対象のシートやブックを特定する必要があります。

ここでは、VBAで複数のシートやブックを処理する際に必須の考え方「オブジェクト管理」について理解できる記事を集めてみました。オブジェクト管理を理解し、VBAコード内で複数シートや複数ブックをしっかり管理できるようになれば、VBA集計業務の幅がグッと広がります。

VBAコードにオブジェクト名を使う複数ワークシート管理法

2019/6/3    

ユーザが変更可能な ワークシート名を使って複数のワークシートを管理する 場合、ユーザが意図せずワークシート名を変えてしまうとVBA実行時にエラーが発生します。このような場合、ワークシート「オブジェクト ...

VBAコードにワークシート名を使う複数ワークシート管理法

2019/6/2    

複数のワークシートをVBAで扱う1つの方法として、ワークシート名を使って複数のワークシートを管理する方法があります。集計業務では、複数のワークシートを取り扱うことがほとんどですよね。 わたしは、取りま ...



VBAコード集計技の必須3大オブジェクト

2019/5/20    

VBAで複数ファイル、複数シートに対して集計業務をするには、WorkBookオブジェクト、WorkSheetオプジエクト、Rangeオブジェクトの理解が必須です。 Excelの集計業務は、通常1つのワ ...

[スポンサーリンク]



Copyright© 集計用VBAサンプルコードをやさしく学ぼう , 2020 All Rights Reserved.